料理人がドラマ 『Chef~三ツ星の給食~』を観た感想を述べてみる

2016年10月13日から新木曜ドラマ 『Chef~三ツ星の給食~』が始まりました。主人公である三ツ星レストランの天才女性料理人・星野光子役を演じるのはベテラン女優の天海祐希さん。

普段、連続テレビドラマや映画などにはあまり関心がない私ですが、長いこと調理の現場で働いてきたこともあり、さらに今回は天才料理人が学校給食を手掛けるといった変わった視点のストーリであるという宣伝をみて、気になって観てみました。

Sponsored Links


『Chef~三ツ星の給食~』は完全オリジナル脚本

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-15

『Chef~三ツ星の給食~』 公式HPhttp://www.fujitv.co.jp/Chef/index.html

『Chef~三ツ星の給食~』はどんなドラマか。公式サイトのイントロダクションだけだとピンとこないと思いましたので、第一話の内容も含めて説明します。(ネタバレをモロに含んでいますのでご注意ください)

かなり簡単に説明しますと、腕もピカイチで天才だが、プライドが高くて癖の強い女性シェフ(天海祐希)が、オーナーの策略により店を辞めざるを得ない状況に陥ります。「食中毒を起こしたシェフ」という料理人にとって最も屈辱的な濡れ衣を着せられたため、三ツ星シェフといえど雇ってもらえるお店が見つからない状況に。そんな中、再就職先に選んだのが小学校の給食を作る現場でした。

自信満々で給食を手掛けるも、子供たちからは予想もしなかった反応が返ってきます。

「まずい」、「美味しくない」

料理人…しかも三ツ星というこの上もない勲章を過去に得たはずの自分が作る料理を、子供たちには理解してもらえず、給食の現場を一日で去ります。

その帰り道、クビになった店の前を通るとオーナーと遭遇し、食中毒騒ぎは自分を退職に追い込むためのでっち上げだったと聞かされます。さらに、「シェフとしてもう終わりだ」との言葉まで浴びせられる。しかし、めげずに「終わりかどうかは私が決める」と言い返し、翌日には辞めるはずの給食の現場に再び天海祐希さんが現れ、学校中が騒ぎになる…。

ここまでが、イントロダクションと第一話の内容です。

こんな経営者で良いのか…

過去にも料理人やレストランをテーマにしたドラマが何度も放送されていましたが、今回の「給食」を題材にしたストーリーは初めてではないでしょうか?

実際に調理するシーンなどに突っ込みをいれるとキリがないですし、皆さんから嫌がられると思うので完全に控えさせていただきます…。

 

内容について少し…というかかなり違和感を覚えた設定は「食中毒」を偽装するところです。ドラマですので、多少現実離れした設定で進めても良いと思いますが、食中毒事故があったように偽装するのは現実では絶対に不可能です。ドラマ内では約10人ほどが搬送されたという内容でしたが、もしそのような事態になれば、速攻で保健所の立ち入り調査が入ります。シェフが現場に着いて同僚からその事実を聞かされるなんてことはありえません。天才シェフならその場で絶対に気付きますし、その後を引き継ぐ人間も不信感が募って店を去るはずです。

 

また、自分のお店で食中毒が起きたということを偽る作戦を立てて実行したオーナーも信じられません。自分のレストランの首を自分で絞めているもんです。しかも衛生事故を現場の人間に押し付けて責任逃れするオーナーには従業員は誰もついていきたがらないと思います。経営者としての責任や義務を完全に放棄しているとしか思えません。

 

オーナー、または役員等の現場以外の人間と、シェフが対立することはどこのお店でもよくあることで、珍しい話ではありません。経営者や幹部らが現場で働く人間を辞めさせようと、長い期間をかけていくつかの方法を試したりする様子を私は何度か見たことがありますが、お店で食中毒事故を装う発想はとても思い浮かびません。現場の人間ではなく、上の立場の人間が責任を取るパターンの方が圧倒的に多いからです。料理長やシェフといった現場の責任者一人に罪を着せて辞めさせたところで、「食中毒を起こした店」というレッテルは剝がれませんし、道ずれで他の従業員も解雇せざるをえない状態に陥ります。

総合的な感想

かなり現場のダークな部分の話になってしまいました。ドラマ内のオーナーの行動は、調理の現場で長く働いていた私には到底理解できないですし、現実にこんな人がいたら本当に残念に感じます。

 

ドラマ全体の感想なのですが、今までにないストーリーに面白さを感じています。今までは、高級志向の美食家をメインに自分が作りたい料理を作っていたシェフが、今度は味覚がまだ完成されていない小学生相手に腕を振るわなければならないという状況。簡単なように思えて難しいその現状を、三ツ星シェフはどう対応するのかが楽しみです。

 

まだ第一話を観たばかりなので、これからどんな内容になるのかすごく気になるところです。

Sponsored Links


ABOUTこの記事をかいた人

クマログ

一人暮らしのサラリーマン男子。元料理人なので一般の人より料理には少し詳しい(はず)。日々時短、効率の良さを探求中。めんどくさがりだがブログでは「丁寧で誰でも理解できる!」というのを心掛けて執筆している。また健康オタクでもあり、栄養やダイエット等にも詳しい。節約や食べ歩き、音楽など趣味も多数。