ココアはコーヒーよりも眠気覚ましの効果があった!しかし夜遅くの摂取は危険?

朝が苦手でいつもなかなか眠気が覚めない…。そこで毎朝シャキッと目を覚ますためにコーヒーを飲む人が多いかもしれません。クマログも毎朝必ずブラックコーヒーを飲みます!

 

カフェインを取るためにはコーヒーやエナジードリンクを飲むのが手っ取り早いのですが、実はココアにはカフェイン以外にも眠気を覚ます効果のある成分が含まれているということが判明したのでお伝えいたします




目が覚めるカフェイン量は?

「眠気覚まし = カフェイン」と多くの人が思っているかもしれません。たしかに、カフェインには覚醒作用があるため、眠気を振り払うにはかなり効果的な成分です。

しかし、私たちがカフェインによって目を覚ますためには「250㎎~300㎎」ほど摂取しなくてはならないそうですコーヒー1杯で約100㎎、エナジードリンク1本で150㎎~200㎎なので、いずれにせよ2~3杯以上飲まなければ効果はあまり期待できないということですね。

ホットコーヒーを飲めば体が温まって、逆に眠気が増す場合もありますし、エナジードリンクには大量の糖分が使用されているため、お世辞にも健康的とは言えません。

coffee20160715165504_tp_v

でも、1杯も飲まないよりはマシですが、コーヒーを少量飲むだけでは目を覚ます効果はあまり期待できないのです。

ココアに含まれるテオブロミンに注目

「じゃあココアにはかなりのカフェインが入ってるってこと?」

という声が聞こえてきそうですが、結論を言えばコーヒーの15分の1以下の含有量でした。

しかし、ココアはカフェイン量こそ少ないものの、「テオブロミン」というカカオにしかない固有成分が含まれています。

「テオブロミン」

テオブロミン (theobromine) は、カカオに含まれるアルカロイドの一種。自然界ではほぼカカオのみに含まれ、チョコレートやココアの苦味成分である。キサンチンの一種・メチル化物で、テオフィリンやカフェインと似た構造を持つ。

テオブロミンは環状アデノシン一リン酸(cAMP)のホスホジエステラーゼ阻害薬として作用し、ホスホジエステラーゼが活性型のcAMPを非活性型に変換するのを阻害する。cAMPは多くのホルモンや神経伝達物質のセカンドメッセンジャーとして働く。そのためcAMPの非活性化が阻害されると覚醒効果が続く。

【引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%83%B3

なんだか難しい言葉が書かれていますが、

簡単に言えば「覚醒作用」「利尿作用」がテオブロミンには期待できるので、眠気覚ましに打ってつけだそうです。



利尿作用が強く働くので、疲労物質を排除して疲れや眠気を取り除く効果があり、カフェインと似た覚醒作用によって目が覚めるといったところですかね。

ココアの注意点

テオブロミンの効果によってココアは眠気覚ましに良い飲み物の一つということがわかりましたが、裏を返せば、夜遅くの寝る前に飲むと、覚醒作用と利尿作用によって寝つきが悪くなってしまうということです。

ヨーグルトの効果は美肌・アレルギー・風邪予防に絶大←経験者が語るよ!

2018.09.08

例えば、お子さんが「ココア飲みたい~♪」と風呂上り等の夜遅くに言いだしても、「眠れなくなるからダメ!」としっかり拒むことが大切ですね。

カカオに多くのテオブロミンが含まれているので、ココアだけでなくチョコレート系全般は寝る前に食べたり飲んだりするのは避けた方が良いでしょう。

コーヒー派の人も、たまにはココアを飲んでみるのも悪くはないかも!



ABOUTこの記事をかいた人

クマログ

一人暮らしのサラリーマン男子。元料理人なので一般の人より料理には少し詳しい(はず)。日々時短、効率の良さを探求中。めんどくさがりだがブログでは「丁寧で誰でも理解できる!」というのを心掛けて執筆している。また健康オタクでもあり、栄養やダイエット等にも詳しい。節約や食べ歩き、音楽など趣味も多数。