ノロウイルスが辛すぎて死にそうになり、遺書を書いた時の話

まさか…自分の身に降りかかってくるとは…。

そいつは突然、前触れもなく突然現れた…。

そう、ウイルス性の胃腸炎で今大流行の「ノロウイルス」。

OZP85_yabeeonakaitai_TP_V

罹った人はみな「もう2度とかかりたくない」「インフルよりきつい」と口を揃えて言いますが、本当にそれです。

一人暮らしのクマログは辛すぎて死を覚悟しました、いや本当に大げさな話ではなく真面目に…。これは冗談半分ですがiPhoneのメモ機能に簡単な遺書的なメモを残しましたし(現在は復活したので削除済み)。

Sponsored Links


つい数時間前まで元気だったのに…

※ここから先は、やや汚い表現が含まれるため、苦手な方はここで読むのをやめることを推奨します!

 

 

ノロを発症したのは運よく休日の夜。

 

午後の7時すぎに普通に夕飯を食べ、のんびりゴロゴロとテレビを観ていました。もちろん、この時は普通に食欲もあったので、食後のデザートに菓子パンを食べたり…。

 

腹をいっぱいにするのがあまり好きでないクマログは、いつものように腹八分目で食事を終えました。

 

9時ごろにお風呂へ。湯船にゆっくり浸かったつもりが、さほど体が温まっていない気がしていたのです。(今思えばこれが前兆だった…)

 

風呂から上がってのんびりしていたら、突如原因不明な寒気が襲ってきました。おかしいな…。風呂上がりのはずなのに…。

 

まもなくして、胃がムカムカしてきて立っていられないほど気分が悪くなってきました。濡れた髪のままベッドに横たわっていると、今度は猛烈な腹痛に襲われトイレに直行したのです。

 

汚い話になりますが、かなり緩い…緩すぎる便が止めどなくあふれ出しました。クマログは冷たい食べ物が得意でないので、アイスなどの冷たい物を食べすぎるとよくお腹を下しますが、その時の便とは比べ物にならないくらいの緩さです。まるで肛門から水が出ているかのような…。

 

吐き気と下痢のダブルパンチで眠れず…

 

出すもの出したし、これで少しはマシになるだろう…と一瞬でも思ったのが甘かった。

 

次は猛烈な吐き気に襲われました。

 

これ以降は吐き気と便意の繰り返しがエンドレスにやってきます。

 

トイレ

ベッド

トイレ

ベッド
(以下繰り返し)

 

こうして夜11時ごろから朝の5時半くらいまで一睡もすることが出来ませんでした。まさに地獄です。無神論者のクマログもひたすら神に祈りを捧げていました(あ、トイレの紙(かみ)にも…)。

 

一人暮らししているため、助けてくれる同居人もいないため、このまま気を失って帰らぬ人になった場合のことを想定して、腹痛に苦しみながらもスマホのメモ機能に遺書を書くくらいでした。

 

今思えば一人暮らしだからこそ、トイレを一人いじめ出来たとも考えられますし、症状を発症したのが休日で、しかも自宅だったというのも不幸中の幸いだったのかもしれませんね…。

 

あ、もちろん、この日から3日間は仕事休みました。

 

ノロ(胃腸炎)には水分補給が大事

 

腹の調子は絶食したのが効いたのか、発症から2日で回復し、お粥、うどんなどの消化に良い物を徐々に食べれるようになりました。

 

ただ、お腹の次は、吐きすぎ出し過ぎが原因で、体がカラッからになっていたのです。軽い脱水症状になり、手足が痙攣し、ものすごい頭痛に襲われました。

 

胃腸炎の恐ろしさは、とてつもないパワーの腹痛だけではなく、脱水症状もあります。体の弱っているお年寄りや、幼児だと命の危険性もあるほどなのです。

 

水や白湯でも水分補給になりますが、やっぱりナトリウムとかの電解質と糖分が含まれた経口補水液や、「飲む点滴」とまで言われてるポカリスエットのほうが、効果は高く、体内で早く水分を吸収できます。

 



 

頭は痛いけど、外に出れるくらいまで回復したクマログはマスクをして近所のドラッグストアでポカリと経口補水液を買いに行きました。

 

店員さんに「まぁ、風邪ですか?お大事に~」と一言言われました。バレバレ。あまり喋る元気もなかったのですが、どちらの方が効果的なのかいい機会なので聞いてみたら、ものすごく具合が悪いときはOS1(経口補水液)、マシなときはポカリが良いとのこと。効果的にはさほど変わらないらしいです。

 

なお、胃腸炎の時は、冷蔵庫には入れず、常温またはお湯で割って飲んだりするのが良いそうです。また、喉が渇いているからといってガブっと飲むのではなく、ゆっくり、ゆっくり、ちびちびと飲んで胃腸を刺激しないようにしましょう。

 

普段飲んでもちっとも美味しく感じないポカリとOS1が、コース料理のデザート並みに旨かった…。おかげで徐々にですが、快方に向かいました。

 

ヘロヘロになって買いに行くよりは、この寒い時期くらい何本かストックを家に置いておくほうが良い気がしました。具合悪いときでなくとも、乾燥や疲労が気になる時にも強い味方になってくれるらしいですよ。

 

っと、大塚製薬の紹介みたいな内容になってしまいましたが、クマログがノロで、もがき苦しんだという記事でした。

Sponsored Links


ABOUTこの記事をかいた人

クマログ

一人暮らしのサラリーマン男子。元料理人なので一般の人より料理には少し詳しい(はず)。日々時短、効率の良さを探求中。めんどくさがりだがブログでは「丁寧で誰でも理解できる!」というのを心掛けて執筆している。また健康オタクでもあり、栄養やダイエット等にも詳しい。節約や食べ歩き、音楽など趣味も多数。