マスクよりも効果的!コロナ・感染症への対策

中国武漢を起点に感染が拡大し、現在全世界で猛威を奮っているコロナウイルスによる新型肺炎

感染者及び死者の数も日に日に増加し、終息の目処も未だ経っておらず、人々の不安も増す一方。

手軽に行える予防対策としてマスクを着用することはかなり効果的です。そのため、多くの人がマスクを買い求めるため、在庫が枯渇し、連日早朝からホームセンターやドラッグストアに開店前から行列を作る現状です。

たしかにマスクを付ければ風邪や感染症などの空気感染のリスクを減らすことができますが、マスクがどうのこうのよりも、自分自身の体の免疫を上げるほうが余程効果的です。

コロナはもちろん、風邪やインフルエンザなどの感染症予防はマスクよりも、

○7時間ほどの十分な睡眠
○疲れを溜めない
○栄養バランスの良い食事
○よく笑って日常を楽しむ

これらを普段から行うほうがよっぽど効果的!

空気感染という外部的要因に目を向けるのではなく、日々自分の健康を改めて見つめ直し、内部的な対策を行うことのほうが大切なのです。

マスクだけでは意味がない理由

ちょっと考えてみて下さい。

○ろくに寝てない
○連日偏った食事
○ストレスや疲れが溜まりまくってる
○毎日つまらないことの繰り返し

以上全部に当てはまり、日々疲弊している人が、コロナ予防にと、マスクを着用するだけで感染が防げると思いますか?

聞くまでもなく無理ゲーです。

いつ体調崩しても不思議ではない人が、マスクをしたとて空気感染は防げないのです。

そもそも、
『マスクは超高性能なフィルターで出来ていてウイルスを全く通さない』
なんてことはありえません。

多少外部の空気(その中に含むウイルス・花粉を含む)をシャットアウト出来ますが100%ではないのです。

マスクして感染する人・しない人の違い

ウイルス感染の予防にと、マスクを日々着用する人たち。
その人の中でも、感染する人としない人がいますが違いは何なのでしょうか?


答えは超簡単です、

ずばり免疫力を維持できてるかどうかです。

毎日十分な睡眠をとり、栄養バランスの良い食事をして日々ストレスを溜めないようにしている人は、自然と体の免疫力が保たれており、風邪や感染症にかかる確率が大幅に減ります。


逆を言えば、今にもヘロヘロで不規則な生活を続けている人は、免疫力が大幅に低下し、僅かなウイルスが体内に入っただけでも感染し、症状が悪化してしまう可能性が高いと言えます。

めっちゃ大事よ免疫力!

言葉は知ってるしよく聞くけどイマイチ、イメージが沸かない人にサクッと説明しておきます。



体内で発生したがん細胞や外部から侵入してきたウイルスをやっつける自己防衛システム

以上です。
こいつは自分自身の体力や体調面によって戦闘能力が大幅に変わります。

自分が疲れていたら戦闘力は下がるし、しっかりとした食事睡眠をとっていれば戦闘力はあがり、感染症ウイルスなんぞ速攻で迎撃してくれます。

コロナ対策①しっかりと睡眠をとる

『睡眠は体のあらゆる不調を解決してくれる』といっても過言ではありません。

どこか具合が悪い時、基本薬飲んでたっぷり眠れば快方に向かいます。

睡眠は回復はもちろん、免疫力を高めるのでコロナなどの感染症予防にも効果的です。
コロナというか、もうすべての病気や不調の予防は睡眠一択です。


眠る時間そのものも大事ですが、睡眠の質も結構重要だったりもします。

安価で質の悪いマットレス、自分の体に合わない枕を使ってると、睡眠の質は大きく低下します。そう感じているのであれば、今すぐにでも買い替えましょう。


我々は今後人生の三分の一以上を「睡眠」に費やします。
快適に眠るための寝具にもっと投資すべきです。



「忙しくて睡眠時間が取れません」
→いやいや、忙しいとか時間がないなんて言い訳です、スマホ・youtube・インスタやる時間あるならそれをやめて毎日ちょっとでも早く寝る努力をしましょう。

コロナ対策②栄養バランスの良い食事

ヒトはビタミンが不足すると免疫力が下がり、肉体疲労や風邪、感染症を引き起こすリスクがかなり高くなります。


野菜や果物に多く含まれるビタミンC、豚肉や魚にたくさん入ってるビタミンBは共に体の免疫力を回復させる効果があります。


○日々の疲労回復が免疫力アップに繋がる
→コロナなどの感染症予防に効果的

ということです。


常日頃からバランスの良い食事を心がけている人にとっては何も難しいはなしではありませんが、今現在、ちょっと食生活が乱れがちなアナタ。


感染症が流行している期間だけ(本当は年中)でも、日々の食事を改めて見つめ直してみるのはどうでしょうか?


体調を崩し、一時的に本来の生活ができなくなるのはかなりの損失です。


日々の食事は本当に大事です。


「モンスターやレッドブルなどのエナジードリンクって感染症とかに効果ありますか?」
→ないです、ただのまやかしです、今すぐ飲むのやめたほうがいいです。

コロナ対策③ストレスを溜めない

今回言いたいのは「ストレスが原因で胃炎になった」、「ストレスのせいで自律神経をおかしくした」などのストレス性による病気ではなく、ストレスを溜めることによって睡眠の質が悪化したり、食欲を低下させたりと、間接的に体の免疫力を下げてしまうことです。


日々のストレスは生活のあらゆる面で悪循環を引き起こします。


何度も言いますが、免疫力が低下すると感染症や風邪などにかかりやすくなります。


誰しもが職場のストレス、人間関係のストレスが多少なりとも発生するものです。


100%ゼロにするのは現代社会では不可能に近いので、そのストレスのはけ口や発散するすべを持つことがとても大切になります。


休みの日や空いた時間に自分の趣味や好きなことに没頭してみるのもいいですし、筋トレやジョギングなど体を動かしてストレス緩和&身体機能向上を目指してもOKです。


嫌なこと、ストレスの要因となっていることを完全に一度頭の中から消し去り、リラックスすることで心身共に回復へ向かいます。

まとめ:コロナ対策はマスクより体の免疫力を高めるほうが効果大!

では今回の内容を振り返ります。

  • マスクは完全にウイルスをシャットダウンする魔法のフィルターではない
  • マスクをするより体の免疫力を高めたほうが予防に効果大
  • 免疫力を高めるためには①睡眠、②栄養バランスの良い食事、③ストレスをためない

誤解されそうなのですが、マスクの着用は、コロナなどの感染症予防に全く意味がないと言いたいわけではありません。


マスクしないよりしたほうがそりゃ効果ありますよ、けど、それよりも日々自分の健康維持のために規則正しい生活をしたほうが、いろいろな不調の予防につながるということが今回一番お伝えしたかった内容です。

終息までまだまだ猛威をふるいそうなコロナウイルス。油断せず、対策を一緒に行っていきましょう。