めんどくさい洗い物を早く終わらせる5つのコツ

一人暮らしで自炊している人や家で毎日料理をする人にとっては避けては通れないもの。それは食器やフライパン等調理器具の洗い物

外食するのではなく、家で料理すればコストを断然下げることが出来ますが、その後の洗い物が面倒くさいのがデメリットとしてあります。

今回はそんなめんどくさい洗い物を少しでも早く済ませるコツを紹介します。




コツ⒈泡立ちの良い洗剤、スポンジを使用する

油汚れや食べ物のこびりつきは、洗剤の細かな泡によって取り除くことが出来ます。その為、泡立ちが良い洗剤ほど皿やフライパンについた汚れを落としやすいのです。また、程よく弾力のあるスポンジのほうが洗剤を泡立てやすいので、頑固な焦げを落とすとき以外はタワシではなくスポンジを使用しましょう。

by カエレバ

洗浄力の強すぎる洗剤は、手荒れを引き起こすデメリットがあります。今では肌に優しい洗剤はいくつもの種類が売られてますが、それらは通常の洗剤よりも洗浄力が弱い傾向にあります。今回のこの記事はあくまで「洗い物を早く終わらせる方法」がテーマなので、洗浄力の強い洗剤で洗うことを前提としています。なので、肌が弱い人はゴム手袋を使用したり、洗い物の後にすぐに保湿クリームを塗るなどの対策が必要です。

※洗い物や水仕事による手荒れの悩みや対策などといった内容は、いずれこのブログにて発信していきます。私自身もかなり手荒れに悩みました。

コツ⒉食器を拭くふきんやペーパーを用意する

水切り台をシンクのそばに設置して、洗い終わった食器をそこで乾かす人がほとんどだと思います。すべての洗い物が水切り台に乗れば良いのですが、スペースに限界がありますし、重ねて乗っけてしまうと水切りにはなりません。

なので、洗い終わった食器や調理器具は、ある程度水切り出来たら残った水分を拭きとって、すぐに棚や元にあった場所にしまうようにしましょう。ふきんは100均などで3枚セットで売ってたりする安いもので構いません。キッチンペーパーでもOKです。

洗い物をしている最中や後ではなく、始める前に事前に用意しておくとものすごくスムーズに進みます

コツ⒊洗い物を一度にシンクに全部入れない

食べ終わった食器や使い終わったフライパンをすぐにでもシンクの中に入れたくなる気持ちはわかりますが、そうしてしまうと非常に洗い物がしにくくなります。コツ⒋で詳しく解説しますが、洗い物には順番や優先順位があるんです

コツ⒋小さな物・弱いものから先に洗う (お箸やスプーン、汚れの少ない皿)

さて、いよいよ洗い物開始です。どれから洗えばいいのか?



それはお箸やスプーン、コップなどの小さなものや、比較的汚れの少ない皿から洗うのが早く終わらせるコツです。真っ先にコップを洗い、その中にスプーンや箸を立てるやり方は特におすすめ。

洗い物を早く終わらせる方法を紹介している人は多くいますし、その中にはフライパンや鍋などの大きなものから洗うことを推奨している人が圧倒的に多いのですが、クマログはそれに少し違和感を感じています。

大きな洗い物から攻略していけば、シンクやコンロ回りがスッキリして気分的に楽にはなりますが、実際に洗わなければいけないものの数が少なくなるわけではありません。ただのまやかしです。それどころか、鍋やフライパンは皿やスプーンなどよりも断然油汚れ等が付着しており、洗いにくく、これらを最初に洗うとスポンジがかなり汚れてしまい、その後のものをが洗いにくくなります。

余談ですが、飲食店の現場では大きな物を先に洗うのが鉄則です。それは、洗い場にスペースがなくなると、ホールの人はお客さんが使った皿やグラスを下げても置く場所に困り、終いには店全体が回らなくなるからです。大きな鍋やフライパンを放置して小さな皿ばかり洗っているとそれだけ厨房内の洗い場のスペースがなくなってしまうのです。洗い場を担当させられた新人くんがシェフや怖い先輩達に、「はよ、せんかい!!!」と怒鳴られる光景を何度みてきたことか…。それだけ洗い物をするスペースをすっきりさせておくことが重要です。

ですが家ではここまで焦る必要もないですし、誰かに煽られる心配もないので、小さくて汚れの落としやすいものから洗っていきましょう。

コツ⒌なるべくお皿を重ねない

食べ終わったお皿をシンクまで下げるときに、どうしても重ねて運びたい気持ちはわかります。しかし、当然ながら皿の裏に汚れがついてしまうため、それだけ洗い物の手間が増えます。

その為にもコツ⒊通り、一度に洗い物を突っ込むのは避けましょう

洗い物も料理の過程のひとつ

「めんどくさい」、「ダルい」と誰もが思う食後の洗い物。家で召使いを雇えるほどお金に余裕のある人以外、洗い物は避けては通れません。

自分や家族が食べる料理を作るのと、その後の片付けは別の作業ではなく、繋がっている一つの作業と思うようにしましょう。

小学生の時にみんなが先生に言われただろうと思うセリフ、

「家に帰るまでが遠足」

みたいなイメージで、「洗い物が終わって一息つくまでが料理」なんだと…。



ABOUTこの記事をかいた人

クマログ

一人暮らしのサラリーマン男子。元料理人なので一般の人より料理には少し詳しい(はず)。日々時短、効率の良さを探求中。めんどくさがりだがブログでは「丁寧で誰でも理解できる!」というのを心掛けて執筆している。また健康オタクでもあり、栄養やダイエット等にも詳しい。節約や食べ歩き、音楽など趣味も多数。