新卒で飲食店に就職して後悔!辞めたい人へ送るメッセージ

「新卒で入社した飲食店を辞めたい」

「飲食業界を選んだことを後悔してる」

「半年も経ってないけど飲食以外に転職したい」

このページを読んでる人の多くが上記のような悩みを抱えていると思います。


なぜなら、飲食業界の離職率の高さと、実際に働きはじめて感じる異常なまでのキツさがすべてを物語っていますし、著者は飲食業界で15年以上働いているのでそのように悩む20代の若者を数え切れないほど見てきましたから。


しかし

「辞めたい」

と思いつつも辞める決断が出来ない人は下記のようなことを考えているはずです。

■入社してすぐ辞めることによって親や知人からどう思われるか心配

■新卒カードを飲食業界に使ってしまった後悔

■数ヶ月で飲食業を辞める理由を転職先に上手に表現出来ない

もし、

「自分のことだ…」

と思った場合、この先を是非とも読み進めて下さい。


今後のアクションプランの参考になると思います。

新卒で入社した飲食店を辞めたくなる理由

■労働時間の長さ+休日の少なさ
■肉体労働
■上司や経営陣が異常な人ばかり

新卒で飲食店の社員になったばかりの人はこう思うはずです。


お店によって違いますが、例えば11時オープンで23時に閉店する場合。ランチとディナーの両方を営業しているオーソドックスな店ですね。


アルバイトであればシフトインの時間は選べますが、新入社員となると、

・ランチのスタンバイのためにオープンの2時間前には出勤 (9時)
・鬼のような忙しさのランチタイムを終えた後、休むまもなくディナーの仕込み&スタンバイ (14時)
・休憩時間はまかないを食べる10分間のみ (15時)
・ディナーのピークタイムを終えた頃に疲れた体で発注や日報の作成などの事務作業 (21時)
・閉店し、客が帰った後に締め作業 (23時)
・帰宅したがヘトヘトなので風呂に入らずすぐにベッドIN (2時)
・気がつけば出勤時間の1時間前で大慌てで支度して家を飛び出す (8時)

以上繰り返し

上記のような毎日を過ごすことになるでしょう。拘束時間で言えば12~16時間をオーバーすることはめずらしくありません。というか普通です。


1日の拘束時間や労働時間が長くても休日がしっかり取れればまだ良いほうですが、新卒の場合、休みの日に本社で研修が数回に渡って行われたり、契約農家に出向いて勉強会があったりします。ただでさえ社会人をスタートさせたばかりで心身ともに疲れてるのに、休める時間がありません。


ブラック飲食企業の殿堂入りとされてる某居酒屋チェーンでは、日々の業務に加えて休日に勉強会へ強制参加させられたり、小論文やレポート課題をこなさなければならないほどの激務でした。


このような激務を新入社員に課せる飲食店は令和の時代にも当たり前のように存在します。


5月病を通り越して鬱になりそうなくらい追い込まれる人が出てくるのも無理はありません。

入数ヶ月で飲食店を辞めたくなった場合どうする?

大前提

このブログを通して何度かお伝えしていますが、

飲食の仕事はもともと好きではない



という20代の若い人なら今日か明日にでも退職の意思表示をして最短で辞めるべきです。

飲食は我慢して続けても何も報われない

【飲食で働きつつ実現させたいこと】

■将来お金持ちになりたい →厳しい
■働きつつもプライベートを充実させたい →無理
■本業以外にも副業をやりながら生活したい →無理ゲー
■定時退社したい →諦めろ


15年以上飲食の世界で働いてる私が断言します。飲食業界で働き続けても、収入が激的に上がることはありません。それに、異常なほど長い拘束時間はどこ行っても避けられません。プライベートの時間もろくにないので、副業する余力などないでしょう。

飲食で働くことに関して確信を持って言えることは、

「料理が大好き」「接客が楽しすぎる」「将来お店を持ちたい」という人でなければ、働くのが馬鹿らしくなるほど劣悪な環境

ということです。

「辞めたい」と思うのに続けるの?

誤解のないように言っておきますが、飲食で働いているすべての人

辞めるべき

と言うつもりはありません。


料理や接客が好きで働いている人もいますし、30代を過ぎてスムーズに転職出来る保証もない人は辞めずに続けてその先を見据えるほうが良いと思います。


しかし、

■飲食の仕事が好きになれない
■収入を上げたい
■プライベートの時間がもっと欲しい

と思いつつも飲食で働く20代の若い人が、我慢して続けるのはもったいなさすぎるということを一番に伝えたいのです。

新卒カードを飲食に使ったのはもったいない

■自分のお店を持ちたい
■将来的に外食産業の経営者になりたい
■いずれ家業を継ぐつもりでいる

批判を覚悟で厳しいことを言いますが、上記のような明確な目標がない人以外が新卒カードを飲食に使用したのは失敗としか言いようがありません。

  • 理由

■学歴関係なしに年中求人を出している業界
■30代・40代でも未経験歓迎の業界
■「ブラック」「底辺」「負け組」などのネガティブなイメージばかり

大学を卒業と同時に飲食に新卒で入った人のほとんどが、業界研究やリサーチを怠り、渋々内定をもらえた飲食店に就職するというケースではないでしょうか?


それか、覚悟の上で入社を決めたとしても、想像してたよりも何十倍もキツいライフスタイルにメンタルをやられる人。



飲食店は使い捨て同然で従業員を雇う傾向だからこそ30代未経験者であっても年中ウェルカムなのです。未経験者が唯一門を叩ける資格である魔法のアイテム「新卒カード」を飲食に使うのが失敗である理由はここにあります。

すぐに辞めて大丈夫?

結論から言うと、

すぐに辞めて大丈夫です。

というかむしろ早めに気持ちを切り替えて他業種への転職の準備を進めましょう。


目標や夢も特にないまま飲食で働くことは時間の損失や健康を害するリスクがものすごく高いです。


ダラダラと働き続けて気がついたら30歳手前まで迫っていたというのが一番最悪なシナリオです。

履歴書や志望動機はどうするの?

嫌なら辞めろと言っても、問題は転職先に提出する履歴書や、面接時に退職理由をどう話せば良いか悩むところです。


入社して半年も経たずに退職した場合、応募企業に

「またすぐに辞めてしまわないだろうか?」

と思われることは確実です。

しかし、募集を行っている企業からすればある程度

「入社してみたら想像と違った」

という動機で早期退職する社会人がいるということも十分に理解があります。


なので、今の飲食の職場が辛すぎるなら難しく考えずに、相手企業が退職理由を納得できるように伝えることを考えましょう。


一番ダメなパターンは、「1ヶ月で退職」とだけ記入(もしくは面接時に発言)すること。相手からしたら不信感でしかないのは事実なので、問われる前にこちらから正直に辞めることとなった理由を伝えるのがベストです。


その上で、「今後、自分はどうしたいのか?」もハッキリと伝わるように。

【飲食業界を3ヶ月で退職する時の志望動機 例】

入社前は休みが月に8回、残業は30時間以内という話でしたが、実際に休日は4回しかとれませんでした。さらに、休日は本社で研修があったり、他店舗へヘルプで出勤したりするすることもあります。もちろん、手当もつきませんし、それどころか自宅でレポート課題なども課せられるため、体を休ませる時間などなく、このまま続けたら健康を害する危険性があると判断し、退職することに決めました。

新参者ながら、「社員同士で休日をもっと回せる仕組みづくり」を提案したり、生産性を高めて残業時間を減らすマニュアル作成を意見しましたが聞き入れてもらうことが叶いませんでした。

社員の休みを回せないのが恒常化しており、今後も改善の余地がない職場で続けることは得策ではないとの考えの元、転職活動を行っています。

私は仕事をしながら休日などプライベートの時間に語学学習や資格習得のための自己研鑽を行いたいと考えています。就職活動の時の自分自身の研究不足やビジョンの不透明さを猛反省し、この度は慎重に検討した結果貴社の求人内容や理念に惚れ込み応募させて頂きました。

上記はあくまでも例です。


ブラックな飲食店に苦しめられていたことが事実でも、退職するすべての理由にしてはいけません。自分のリサーチ不足を反省した上で、前向きに頑張ることを伝えましょう。


当然ながら、これ以外にも次に就職したいと思う企業にとって自分がマッチしていることや、力になれることを接客的にアピールしていく必要があります。

まとめ

■飲食の新入社員はとてつもなくキツい

■理不尽さに慣れてない今の若い世代の人にはさらにキツく感じる

■「飲食が好き」という感情がカケラもなければ早めに辞めるべき

■嫌々頑張り続けても報われない可能性のほうが高い

■何らかの理由があって入社した人以外が飲食に新卒で入ること自体が失敗

■新卒で半年以内で辞めることをあまり気にしなくて良い

■本気で辞めたいならとにかく行動を起こすこと

新卒で入った会社を辞めるということは、人生初の転職活動を行うということを意味します。


自分自信を振り返って理想な会社を探すのがベストですが、初めての転職なのでわからないことだらけ…。


そんな時に頼れる存在が「リクルートエージェント」という転職エージェント。

「次の職場こそ失敗したくない」


「もう就職先で後悔したくない」


という人こそ、転職のプロに相談するのが良いでしょう。

転職ならリクルートエージェント

「飲食店を辞めたい」・「転職したい」と思う人全員に読んでほしい【当サイトのまとめ】

2020.05.19

飲食店を辞めて他業種へ転職しませんか?【新卒・第二新卒・20代向け】

2020.05.19