【結論】仕事行きたくないなら休むべき【迷うな】

「あぁ仕事行きたくないなぁ…」


と思っているあなたはおそらくズル休みがしたかったり、サボる方法が知りたくてこのページに来たわけではなく、精神的に疲れていて、このままだと病みそうで、不安な気持ちでたどり着いたんだと思います。


ズバリ言います、

仕事行きたくなかったら思い切って休むべきです




休むことに不安を感じたり、その後のことを考えると余計精神的に辛いとは思いますが、大丈夫です、安心して下さい。

この記事を読めばわかること
○「行きたくない」と感じたら迷わず休むことがなぜ大事か?

○「休んだら今後どうなるだろう…」という悩みが余計に心を疲れさせる理由

○余計な心配をなくすには□□すべき

仕事行きたくないなら休むべき理由

仕事行きたくないと感じるのには人それぞれ理由があると思います。

  1. ただ単に面倒くさい


  2. ライブにいったり恋人とデートしたりと、ズル休みがしたい


  3. 職場の人間関係や空気が合わず、心が疲れている

今回は①、②に当てはまる人向けではなく、③で精神的に少し病んでいる人向けの内容となります。


気分が重くて仕事に行きたくないときは休むべき理由はたった一つです。

○拒否反応が出ており、このまま我慢すると鬱(うつ)などの心の病になるかもしれないから

大げさに感じるかもしれませんが、行きたくない仕事を無理して続けている場合、心の病を引き起こす可能性は誰にでもあります。

長時間労働(ブラック企業)やめたら幸せになった話

2020.03.31

ストレス、疲労、そして無限ループ…

「ビビらせやがって、余計不安になるよ…」


と思わせてしまったかもしれませんが、私は謝りもしませんし、このまま話を続けます。


自分の精神・心からのサイン(SOS)に逆らって無理を続けて、鬱や自律神経失調症などの思い病気にかかってしまってからでは遅いので、その事実を知らせないほうが私は罪だと思うからです。

話を戻しますと、

職場でストレスを感じる→心と身体が疲れる→「行きたくない…」→我慢して行く→余計に疲れる→無限ループ

このサイクルを繰り返すと当然心を病みます。長期間この無限ループにはまるとどうなるかは説明するまでもないと思います。

心の疲弊チェック診断

「行きたくない」と感じる人の中でも、個人差があると思います。


私自身も現在は好きな仕事、環境もそこそこ良いところで働けてますが、疲れがたまったり、寝不足だと「行きたくないな」って一瞬思ったりします。


なのでこんなものを用意しました。

  • 帰宅後、職場のことや、嫌な上司のことを考えると食欲がなくなる(もしくは逆で、過食してしまう)

  • 通勤・退勤中でも仕事の嫌なことが頭から離れない

  • 好きなはずのゲームや動画鑑賞(趣味全般)もする気にならないほど仕事が嫌だ

  • 仕事の嫌なことを考えるだけで涙が出てしまう

  • 打ち解けたり、相談したりできる相手がいない

  • 出勤準備が終わり、家を出ようとするも、玄関の扉を開けることが出来ない

  • 翌朝の出勤を考えると眠れなくなる

ここで挙げた項目、一つでも当てはまったら心がSOSを出しているサインです。2個以上の場合は本当に危険です。

休むことは悪くない

「休んだら職場に迷惑が…」

なんてこと気にすることありません。


休むことは悪いことではありません。あなたが嫌いな上司も、うまの合わない同僚も、絶対に何かしらの理由で休んだことは絶対ありますから。


従業員の誰かが欠勤した場合、その日をどう乗り越えるか考えるのは課長や部長などマネジメントする人間の仕事です。他人の仕事の心配をするなんて馬鹿げていると思いませんか?


一人抜けただけでまわらなくなり、慌てふためく上司がいる職場なんて、物語序盤で出てくるスライムやゴブリン、コラッタみたいな激弱です。それなら今すぐに見切りをつけて転職するのもおおいに有りです。


話が脱線しそうなので整理します。

○休むこと=悪いことではない

○一人休んだでけで稼働できない現場なら会社が悪い

○そもそも「行きたくない」と従業員に思わせてる時点で良い職場とは言えない

不安になるのは迷うから!即決しちゃえ

私も経験あるのですが、精神的にキツくて仕事に行きたくない時に「がんばって行くか休むか」を迷っている時が一番しんどいと思います。


それもそのはず、余計な迷いや悩みが一番精神を疲れさせるからです。


それなら答えは単純で、もう即決してしまいましょう。


行くか休むかの判断で余計に心を病むのは本当に馬鹿らしいです。


先程もいいましたが、休むことによって自分が悩む内容は、ほぼ会社も想定済みであり、自分がコントロールできる領域ではありません。

即決して余計な心配をなくし、ちょっとでも心を休ませる

「即決して余計な不安を抱くな」とは言うものの、なかなか簡単にできないよって人へ。


ビジネス系動画を多くUPして下さっている、私も大好きモチベーション紳士さんの「こんなに簡単!不安を吹き飛ばす3つの方法」がかなり参考になると思います。

まとめ

では今回の内容を振り返ります

  • 精神的に疲れていて「行きたくない」と感じてる場合に無理すると、鬱などの心の病を発症する可能性がある

  • どれだけ心(精神)が疲れているか自分で確認するのが大事

  • 休むことは悪いことではない

  • 休むことへの不安、職場や今後の悩みは考えないほうが良い

  • 余計な不安・悩みを生まないためには「即決」すべき

  • 「無理して行くか休むか」を迷っている時が一番しんどい

重ねて言いますが、心の限界を表すサインに逆らって無理を続けると、間違いなく身体を壊します。


本来仕事は私達の暮らしをより良いものにするために行うものです。その仕事で身体を壊すのはあまりにも馬鹿げてます。


精神的にキツいときは、一日でも二日でも良いのでいっそのこと休んでみることをおすすめします。

【実話】夜勤・泊まり勤務は寿命を縮めるほどきつい!【合わない人はすぐ辞めるべき】

2020.04.01

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【職業】料理人 【好きなこと】:料理 【嫌いなこと】:早朝の会議・社歌の暗唱 【嫌いなもの】:ブラック企業 【座右の銘】:健康こそが全てにおいて大切