長時間労働(ブラック企業)やめたら幸せになった話

この記事を読めばわかること
○長時間労働の職場から、定時退社の短時間労働の職場に転職したメリット

○長時間労働をやめたら心も体も健康になった話

○働きすぎで心を壊すのは危険、 など

「今の会社がブラックすぎて辛い」
「長時間労働で心と身体が限界」
「働かされすぎて頭おかしくなりそう」



なんて人、結構多くいると思います。


わかります、私も長時間労働が避けられないヤバい会社、俗に言うブラック企業で酷使されてた経験がありますから。



私は運良く、長時間労働の現場から、月間労働時間200時間以下のホワイトな職場に転職することができました。


環境が変わって改めて思ったのですが、労働時間が短くなったことで、メリットや幸せに感じることが多いということです。

長時間労働→定時退社の職場に移って良かったこと

私はレストランを数店舗展開している会社で正社員として働いているとき、月の労働が300時間は当たり前、ひどい時には400時間に達する時もありました。


このままこの職場で働き続けたら、間違いなく体を壊すだろうと判断し、次の就職先を決めてから退職することに。


移った先の職場は定時退社、残業ほぼなし、月間労働時間が200時間以下というこれまでとは考えられないほどの現場で、圧倒的に労働時間が減りました。


今までがひどすぎたこともあって、最初は「こんな短時間で帰っていいのか…?」なんて意味不明な罪悪感があったり、戸惑ったりがありましたが、だんだん慣れてきて、圧倒的に生活していて幸せと感じることが増えました。

ブラック企業の社長にインタビューしてみた結果!【閲覧注意】

2020.04.23

【体験談】飲食店がブラックな真の理由!【長時間労働だけじゃない】

2020.04.22

■長時間労働をやめて良かったこと

  • 定時で帰宅できるので、プライベートの時間が増えた

  • 心と身体が健康になった

  • 広い視野で物事を考えられるようになった

定時で帰宅できるので、プライベートの時間が増えた

長時間労働のブラック職場から抜け出してまず幸せに感じたことは、プライベートの時間が増えたことです。


増えたと言うより、むしろ確保することがようやく出来るようになったと言ったほうがいいかもしれません。


社会人一年目から優良でホワイト企業に務めている人からしたら、


「プライベートの時間の確保?そんなの当たり前じゃん」
「少しでも自分の時間が持てないってやばくね?」



って思われるかもしれませんが、ブラック企業で酷使されている人からしたら、自分のやりたいことが出来る時間が手に入ることがどれだけ幸せなことか、理解してくれるのではないでしょうか。

【補足】
ブラック企業で働くと、休日に何もする気になりません。身体が疲れているので回復に努めることしか出来ないのです。数少ない貴重な休日を仕事のために使っているみたいなものです(泣)

プライベートの時間が確保できれば、

  • 実家に顔を出して両親と食事にいける

  • 働きだしてからなかなか会えなかった昔の友だとと飲みにいける

  • 合コンやコンパなど、出会いのきっかけも増えて毎日が楽しくなる(これはどうでもいいか…)

  • 好きだったけど、時間なくて出来なかった趣味を再開できる

  • 自己研鑽や勉強の時間もできる

など、自分にとっては当たり前ではなく、叶わなかったことが実現するようになっただけでものすごく幸せを感じています。

自分の過去の話ばかりで恐縮ですが、月間で400時間近く働いていた時は、朝起きて、出勤して、仕事して、家に帰って、夕飯を食べて寝るだけの生活でした。


仕事が終わって帰路に着く時、私はいつも心のなかでこう呟いてました。

何のために生きてるんだろう…

仕事が終われば皆、家に帰って好きなことが出来るのでウキウキと聞きますが、私の場合、帰って風呂入って寝るだけ…。むしろ帰宅する時が一番憂鬱という状態。


そんな生活に嫌気がさし、スキマ時間に転職活動をして、なんとか長時間労働から抜け出すことに成功しました。


今まで給料と仕事のやり甲斐で職場を選んで来た私ですが、「自由な時間」がどれほど人生において大切か、ようやく気付かされた気がします。

心と身体が健康になった

労働時間が短くなったことで、肉体的疲労が軽減され、健康になりました。身体の疲労が減ったため、自然と心まで健康になったと自覚してます。


健康になったことは、今後の人生を考えるにあたって、本当に大きな幸せだと思います。


言うまでもないことですが、長時間労働を続けると確実に体を悪くします。


当たり前ですよね、一日14時間も稼働すればヘトヘトになって、足や腰、体のあらゆる部分が疲弊します。


たちが悪いのは、長時間労働は身体だけではなく、心や精神まで疲弊させることです。

【補足】
肉体疲労は心まで疲弊させる。逆もしかり。心と身体、両方が健康でなければ意味がない。


正直な話、身体の疲労は、栄養たっぷりで美味しいものを食べて、ゆっくり休めば(休むことが出来ればの話ですが)確実に回復します。


ですが、精神を病み、限界まで心が疲弊してしまったら、うつ病や自律神経失調症などを高確率で発症してしまう可能性があります。


批判を覚悟で、言わせてもらいます、

「心を壊したら人生終わりです」

心の病はそう簡単に治せません。何十年、いや、生涯完治することがないケースもあります。

【結論】仕事行きたくないなら休むべき【迷うな】

2020.04.03




長時間労働で倒れ、その後大変な思いをしている人を今まで何人も見てきたこともあり、健康こそが何よりも大事ということを忘れたことはありませんでした。

広い視野で物事を考えられるようになった

1つ目の「自分の時間が確保できるようになった」、2つ目の「健康になった」ことが合わさり、世の出来事や、自分の今後の方向性や将来についてなど、冷静でかつ広い視野で物事を考えられるようになったことは、ものすごく幸せに感じます。


休みもなく毎日長時間働き、心と身体が疲弊すると、冷静な判断力を失ってしまいます。




私の場合、人の意見を全く聞くことができなくなったり、必要でないものを買いまくったり(浪費)、本やネットで色々と情報収集しようとしてみても、頭にまったく入らなかったりと、余裕など全くありませんでした。


極度に疲労がたまると、本当に冷静な判断力を失い、その結果、今まで親しく付き合ってきた人たちとの関係も悪化していきました。


心に余裕があれば、結果は変わっていたのではないかと、今でも後悔ばかりしております。


長時間働かざるを得ない職場をやめてから、段々と心と身体の健康を取り戻した現在は、今の好環境を活かし、ないがしろにしていたことを見つめ直すことに努めています。

まとめ

今回の内容を簡単に振り返ると、

■長時間労働から定時退社に変わると、プライベートな時間が多く手に入る

■心と身体の疲労が軽減され、健康になる

■冷静な思考で、広い視野で物事を考えられるようになった

ブラックすぎる職場から、ホワイトなところへ移った私だからこそ、様々な気付きや考えさせられることが多々ありました。


長時間労働で苦しんでおり、心が潰れそうな方、


その職場は自分の未来につながり、かつ、やり甲斐があるというなら何も言いません。そうでなければ、転職を検討することをおすすめします。そこだけがあなたの職場ではありません。探せばいくらでも定時退社の職場はあります。


「プライベートの時間」の価値は人それぞれだと思いますが、「心と身体の健康」は全ての人にとって、何よりも大切なものということは理解してほしいです。