【飲食店】バイトから正社員へ【待て!早まるな!】

飲食店ベテランバイト
僕は現在飲食店でバイトしています。今年で務めてから約4年が経ちます。オーナーから社員にならないか?と勧誘を受けて正直心が揺らいでます。お店に愛着もあるし、他の社員さんもいい人ばかりだけど、就職活動をしないでこのまま社員になる道を選んで良いのか不安でもあります。

こういう人本当に多いですよ。


かくいう私も10年前、まさにバイトから社員の勧誘を受けて首を縦にふり、飲食業界に足を踏み入れた人間の一人であります。


正社員のオファーを受けるかどうかは最終的に自分で決断すべきですが、その際の注意点を理解しておく必要があります。

こんな人に読んで欲しい
○アルバイトから正社員の誘いを受けて迷っている人

○就職そのものについて深く考えてこなかった人

○「就活めんどいな…」って思っている人

君だけの特別オファーではない

まず現実の話として、


長年続けてるアルバイト先からの正社員への勧誘は、飲食やアパレルなどの小売店では珍しいものではありません


人手不足の現場ではアルバイトに片っ端から「社員にならない?」って誘いまくるなんてこともありえます。

有頂天な人
ウホホッ、正社員に勧誘されちゃった!おれってやっぱ特別な人間なんだな、ヒャッホー!

「うちでこれからも働いて欲しい」、「お前と働きたい」など言われたらだれでも認められた気がして、テンション上がる気持ちはわかります。


でも、声を掛けられた人はみんな一回きりの人生。適当な返事で話を軽く進めるのではなく、真剣に考えて答えを出すべきです。

バイトから正社員のオファー受けるべき?

結論:や め て お け

オススメできない理由

【注意】
ここからは飲食店での例となります。著者クマログの体験とそこから得た考察を土台に解説していきます。

飲食店を筆頭にする小売店で、アルバイトから正社員のオファーを受けても、考えなおしたほうがい良い理由は下記の通り。

  • 業務内容がバイト時代とほぼ変わらず
  • 「店長=華やか」そんなの幻想でしかない
  • 初任給の額面に惑わされちゃう
  • バイトは自由なシフトで勤務出来たが、社員は使われ放題
  • 徐々に経営者に洗脳される

業務内容がバイト時代とほぼ変わらず

小売店での業務はベテランのアルバイトと社員ではあまり変わりありません。


社員になったら裁量が少し与えられる程度です。


でも、そういうと

名前
バイト時代とやることそんなに変わらないならめっちゃ楽で良くね?

たしかに、アルバイトから正社員になった場合、新しく仕事を覚えたり、スパルタ研修をフリーパスすることが出来るかもしれません。


でも、それは裏を返せばバイト時代に毛が生えた程度のサイクルがこれからずっと続くということです。


そうなると日々の仕事のモチベーションを維持するのが困難となります。


いやいや、俺は大丈夫…なんて思っていても、いざ別業種に就職した人と飲みにいったり意見交換すると、自分が下した判断(バイトから社員になったこと)は本当に正しかったのか…などと妙な不安に襲われることもあります。

「店長=華やか」そんなの幻想でしかない

ベテランのアルバイトが正社員登用された場合、高確率で店長クラスに就任することとなります。


良くも悪くも出世が早いのが小売店の特徴ですね。


飲食店などでバイトしたことある人なら誰もがみたことある光景↓

パートのママさん
は~い、店長~お茶入れたので置いときますよ~♪
バイト女子大生
店長~シフト出すついでに友達連れて食べにきましたよ~♪サービスして下さい♡

男性諸君であれば、「店長モテまくりでいいな、羨ましいな」なんて思ってしまうかもしれませんね。


しかし、そのチヤホヤされた日常には長時間労働といった激務が常に隣り合わせであることを忘れてはなりません。

初任給の額面に惑わされちゃう

繰り返しになりますが、飲食店などの小売店だと早々と店長などの管理職に就けます。


なので、新卒でどこかの企業に就職した人よりスタート時は一ヶ月の給料が高いということがありえます。


ですが、それはあくまで最初だけの話


個人店やワンマン社長経営の小規模な会社に入社したら、月々の給料以外の福利厚生が充実してないことが多く、最悪の場合社会保険に未加入なんてことも。

【新卒は特に】飲食業界の就職・転職はやめておけ【現役料理人が語る】

2020.04.14


年数回の昇給もなく、もちろんボーナスもなし。店長の場合、一ヶ月の給与に固定残業代が含むため、休日返上などのサービス出勤しても手当はありません。


そう考えたら、最初こそ給料は安くても、毎週安定して休みが取れる、残業が少なく、時間超過した場合きちんと手当が付く会社でスキルを磨き、年々収入アップする道を選択すべきです。

バイトは自由なシフトで勤務出来たが、社員は使われ放題

バイトから正社員になって大きく変わることの一つは、労働時間が長くなること。


今までシフト希望で自由に勤務していたのが、月間の労働時間で縛られることになります。


さらに、飲食店など人手不足に悩む現場だとこんなことが当たり前。

  • バイトが欠勤する→社員が穴埋め
  • 急な大人数の予約が入ったりする→社員が出向く
  • クレームや他の問題が発生した時→社員が後処理


会社も利益のためなら、時給が発生するアルバイトよりも、固定給の社員を使います。


今までは希望した日時でしか働かなかった現場に、月間の労働時間と店の都合で働かざるを得ない状況で縛られた途端、しんどくなります。

徐々に経営者に洗脳される

飲食店あるあるです。


「社員にならないか?」という甘い言葉で「YES!」の返事をすると、もう格好の餌食。


経営者から言わせると

社長
労働力ゲットーーー!無知で社会経験ないから自分の色に染めやすくて最高ーーーヒャッハー

アルバイトから社員へ勧誘が成功した場合、経営者からしたらこれほど美味しい話はありません。

○社会経験無し

○考えが浅はか

○頼まれたら断れない正確

○真面目

○求人募集に資金をかけずに済む

これほど自分(経営者)の思うままに扱える労働力はないからです。

ブラック企業の社長にインタビューしてみた結果!【閲覧注意】

2020.04.23


知っての通り、飲食業界は深刻な人手不足の状況で、高い金払って求人募集をかけても応募はほとんどありません。

面接に来たとしても高額な条件をふっかけてきたり、入社3日目でやめる人など、頼りがいのない人ばかり。


しかし、今までコツコツ頑張ってくれた若い人を固定給で雇ってしまえば、名前も顔も知らない人間を雇うデメリットはすべて吹き飛ばす事ができるのです。


それに、ヘタに同じ業界の経験がある人を新規で雇う場合、今までの自分のやり方や考えに合わない人である可能性も高く、なかなか自分色に染めるのは難しい話。


それゆえ、顔も力量も知り尽くしたベテランのアルバイトの方が扱いに苦労することはありません。


言葉を選ばずに言わせてもらうと、

洗脳しやすいのです。

あえて極端に書かせてもらいました

好き放題書きやがって!お前が社員になった職場の環境が悪かっただけじゃね?

はい。その通りです。


ですが、あえて極端なケースでここまで僕の思うことを書いたのには理由があります。


それは、

深く考えずに就職先を選んだら後悔することになる可能性が高い

ということを一番伝えたかったからです。

考えずに決断した場合は重い後悔が残る

誤解のないように説明をくわえると、

どんなことがあってもアルバイトから正社員になるのがダメ

ではなく、

「誘われたから」
「楽できそうだから」
「就活めんどくさいから」

など、深く考えずにバイトから社員になる選択をするのをやめたほうがいい

ということです。

職場によっては「バイト→正社員」の道を選んだとしても待遇面や業務内容含め充実したワークライフを満喫している人もいると思います。


人によって仕事に何を求めるかは違い、当然自分に合う・合わないは異なります。職場によってもブラックなとこもあればホワイトな現場もあります。


それらを全部トータルして考えた上で、「社員になります」という返事をしたなら何もいいません。


その場合、結果的に「やめときゃ良かった…」「失敗したな…」となっても、「後悔」というよりもある意味「いい勉強になった」と前向きに考えることも出来ます。


ですが、甘い言葉にだまされて、その場の勢いで社員になり、気がつけばただ利用されてたなんてことになると、一生後悔します

アドバイスをひとつだけするなら…

じゃあどうすればいいんだ…。せっかく声をかけてくれたのは素直に嬉しいし…でも後悔しくはないなぁ…

就職先を決めるアドバイスとしてありきたりなのは

  • 会社のことをよく調べる
  • 自分の将来の目標を決める
  • 自己分析をする
  • 親や兄弟などの信頼できる人に相談する

上記はどの職場選びにもいえることなので、今回の、アルバイト先から社員のオファーが来た場合に関してだと、ちょっと的外れな気がします。


それに、業界・企業研究なんて個人でやるとなると、調べられる範囲が限られ、情報を丸裸にできるわけではないので正確な判断は出来ません。


なので、これだけは意識してほしいことがあります。

■オファーを受けた会社の社長・幹部・店長・その他社員の人は幸せそうにしてるか

正社員の勧誘を受けることにした場合、今現在の上司(バイト先の店長など)があなたの5年後、10年後の姿です。


自分が思い描く人物像であれば、「YES」の返事をする判断材料としていいでしょう。


「バイト先の店長としてならいいけど、自分がこうなるのはちょっと…」と少しでも後ろ向きな気持ちになるのなら、返事は保留にして、再度検討することを推します。

フリーター・ニート(無職)から正社員【職歴やスキルなくてもなれます】 

2020.04.09

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【職業】料理人 【好きなこと】:料理 【嫌いなこと】:早朝の会議・社歌の暗唱 【嫌いなもの】:ブラック企業 【座右の銘】:健康こそが全てにおいて大切