飲食店の正社員が底辺・負け犬と言われる4つの理由【飲食歴15年以上が考察】

飲食店で正社員として働こうとしている時に言われた言葉で印象に残っている一言があります。

「飲食なんてやめとけ、底辺のやる仕事だぞ」


「なんで飲食を選んだ?負け犬かお前」

こうもストレートに言われると逆に何も言い返せないし、議論する間もなく会話が終わる。


私はいつの間にか飲食店やホテル・結婚式場などの調理場で働き続けて15年以上が経ってました。そんな私だからこそ飲食店の正社員が底辺や負け犬と言われる由来について考察してみます。

飲食店の正社員が「底辺」・「負け犬」と言われる・思われる理由

「底辺」

この言葉はまず間違いなく見下した・バカにしたような意見で間違いないでしょう。


「飲食店の正社員=底辺」


これは正解か間違いかの明確な答えはなく、判断する人それぞれです。


ではなぜそのように飲食が底辺職に思われるのか?


理由は下記の通りです。

■働くのに資格・学歴・職歴を問われない

■年中求人募集を行っている

■長時間労働が避けられない

■働いている人間の質が低い

働くのに資格・学歴・職歴を問われない

飲食店を新規開業したり、レストランを経営する会社を設立する場合、調理師免許か防火管理責任・食品衛生責任者の資格が必要です。


あくまでも新しく独立開業して自分の城を築く場合の話。


しかし、イチ雇われの身で飲食店で働く場合は資格など何も必要ありません。


料理人=調理師免許のように思われるかもしれませんが、実はただ働くだけに関しては資格など一切必要ないのです。


「料理の鉄人」などに出演しているあの有名料理人も、某大手ホテルの総料理長も、実は調理師免許を持ってないということは決して珍しくありません。


免許や資格に限らず、学歴や職歴もほとんど問われない。


来る者拒まず状態の業種なので誰でも就職出来てしまうのです。


続けられるかは別問題ですが…。

飲食店で働く場合に資格は何一つとしていらない。
それどころか学歴・職歴すら不問のところがほとんど。
職を失った負け犬がしがみつく仕事という認識があるのも事実。

年中求人募集を行っている

「来る者拒まずの状態」

これは裏を返せば人手不足に悩んでおり、誰でもいいから雇いたいということを意味します。


高学歴エリートが就職志望する会社の多くが、

■TOEIC〇〇○点以上
■〇〇の資格必須
■面接複数回&入社試験・適性検査の実施
■経営陣や役員の前で最終面接

このように簡単にはいかないものばかり。

しかし、飲食店だと、〇〇店の客席もしくはバックヤードで面接が始まります。飲食店の営業モデル上、クローズが出来ないため営業中に店内で面接することも珍しくありません。


人手不足なお店であれば、来た瞬間に即合格を告げて、いつから来れるかという話がいきなり始まります。


とにかく、飲食店は入社に至るハードルがものすごく低い


低すぎる。


誰でも簡単に正社員になれてしまうからこそ、激しい競争に勝ち抜きやっとの想いで内定をとれた人からすれば、飲食の社員は底辺に感じるのでしょう。

だれでも簡単に入社できる仕事が故に底辺職と思われがち。

長時間労働が避けられない

アルバイトであれば基本的に自分が希望する時間帯にシフトインして働く時間を決めれますが、正社員となると飲食店では長時間拘束されることが避けられません

・サービス業なのでみんなが休みの土日祝は仕事
・薄利多売なため稼働時間を可能な限り伸ばして利益を得る収益モデル
・深刻な人手不足なため、固定給の社員が休日返上で出勤

飲食店が他の職業に比べて圧倒的に労働時間が長い最大の理由は稼働時間(営業時間)の長さ。


単価の低い商品を回転率を頼りにたくさん売らなければ儲けが生まれないビジネスなため、売り上げを伸ばすためには営業時間を伸ばさなければなりません。


営業時間が伸びれば当然、従業員の勤務時間や拘束時間が長くなる。


稼働時間を増やして売り上げをあげても時給制のアルバイトを長時間働かせるとその分人件費がかかるため本末転倒。


そこで固定給の社員を長く働かせることで人件費を抑えにかかるのが飲食業の基本です。

法定労働時間は1日8時間 一週間で40時間

と国で決められていますが、ほぼ全ての飲食店では労働時間を伸ばす取り決めである「36協定 特別条項」を企業と労働者の間で結んでいるため、1日12~16時間労働、月間で400時間という異常なほどの労働環境が生まれます。


ですが、ここである疑問が出てきます。

「長時間労働=底辺」なの?

ここからは私の考察です。


長時間働かざるを得ないことが底辺というわけではなく、そこまで良い給料とは言えない額で、命を失うレベルに健康に害が及ぶほどの労働を課せられているにも関わらず、「やばい」「異常」「やめたほうがいい」などと疑わない


さらには経営陣を始めとする上層部に労働環境の改善案等の申し立てしない社畜状態で働き続ける人ばかりである世界が、飲食以外の職種の人からすれば信じられない光景に映るからでしょう。

・死ぬほど好きで飲食の仕事をしている
・体力的・精神的にすでに壊されており環境の改善に取り組めない
・ひたすら働くことだけに専念しており、意見の申立をする気力がない
・「長時間働くことが美徳」という古い伝統を植え付けられている

飲食で半端ない働かせ方されているにも関わらず、文句一つ垂れずに黙々と勤務している人に多い特徴です。


私は数多くの飲食店を渡り歩いて様々な人と一緒に働いてきましたが、歴の長い人は上記のような背景が必ずあります。


毎日定時に退社でき、土日祝休み。お盆休みや年末年始休暇のある社会人の人からすれば、飲食業界が「負け犬」や「底辺」と感じる部分はここでしょうか。

安月給で体を壊すレベルの長時間労働を課せられているということが、底辺と言われる由来。

働いている人間の質が低い

飲食店の店長や、料理人に高学歴エリートはほぼいません。


「学校の勉強ができる=人間性が良い」とは思いませんが、飲食店で働く正社員には学歴が低くその他の職歴や経歴に穴だらけの人で人間性が終わってる人が多い傾向にあるのは事実。


上述した通り、飲食店は学歴や職歴がなくても参入できる職種です。


その現場でベテランというだけで新人に暴言を吐いたり、ぶん殴ったりなど平気でする人もたくさんいます。


また、お店の食材を盗んだり、しょうもない額のレジ金を自分の財布な中に移したりなど、困った正社員の人間を数多く見てきました。


面白いことに、

「飲食店 社員」

とGoogleやYahooで検索欄に入力すると、

「飲食店 社員 底辺」

とサジェスト(予測ワード)が表示されます。


これは、多くの人が「飲食店 社員 底辺」と検索しているため、大手検索サイトの予測語句に出現するということです。


では、一体誰が、何の目的でこのような言葉で検索をかけるのか。


私の考察ですが、飲食店でアルバイトとして働いた(働いている)10代~20代前半の若者が、バイト先の店長などの社員について感じることをシェアするためだと思います。

アルバイトの情報交換のために某掲示板などに飲食店の仕事内容などがシェアされてますが、どのページにも必ずと言っていいほど社員の悪口が投稿されてます。

■料理長がすぐにブチ切れる
■店長の言ってることとやってることの違いが多すぎて混乱する
■とにかく社員全般がうざい

など。


匿名ということで好き放題書き込むのも大概ですが、実際に多くの若者にこう思われているという事実でもあります。


このようなネット上の書き込みはものすごいスピードで多くの人に拡散されます。


それ故、飲食店社員の人間性の悪さが若者を中心に広がり、底辺と揶揄されてしまう…。


このような背景でしょうか。

悲しいことに長年飲食店で働いてきた正社員にはロジカルな思考の人間は少ない。
日々の激務により思考が偏る傾向にある。

誇りを持って働いている場合は気にするな!

このページをここまで読んでる人の9割が飲食店で正社員をやってる人か、これから飲食で働こうか迷っている人だと思います。

飲食店の正社員の人へ

今現在バリバリ飲食店で働いている人からすれば、

「なんだこの文章、ふざけるなっ」

という怒りの意見か、

「うん、間違ってない」

という共感の声だと思います。

将来的に自分のお店を持ちたくて一生懸命日々働いている人や、料理や接客が大好きな人にとって「底辺」など言われたら腹が立つのは当然です。


信念持って働いている場合、周囲の批判的な意見は基本的に無視してOKです。


飲食店で働く人を小馬鹿にする人ほど、お金をかけて毎日美味しいものを食べている人ばかりです。


「かわいそうな人だな」


と優しく受け入れといてあげましょう。


また、なんとなく底辺と言われることに慣れてしまったり、認めてしまって諦め気味の人は、今の状況を整理したほうが良いでしょう。


実はすでに飲食で働くことに嫌気がさしていたり、もともと向いていない仕事である可能性が高いです。

本当に今のままで良いのか?


この先もずっと飲食で働いていく覚悟はあるのか?

飲食でこれから働こうとしている人へ

残念ながら、飲食の仕事が底辺と思われる理由が多く存在することは事実です。


特に学歴不問で誰でも働けて、休みが少なく給料も低い。


お店や会社によって多少差はありますが、激務であることは間違いありません。


薄利多売のため、長時間拘束されることは確定であるため、飲食店の正社員になると、残りの人生のほとんどを飲食の仕事に捧げることになります。


精神論になりますが、覚悟とか信念というより、心の底から「飲食の仕事が好き」と思ってなければ長く勤めることは出来ない仕事であると、飲食歴15年以上の私が断言します。

飲食の社員を「辞めたい」と思っているなら即行動

飲食の仕事は底辺か否か?


明確な答えはありませんが、他の職業の人間からしてみれば底辺と思われても致し方ない部分がたくさんあるという事実は、飲食店で働き続ければ続けるほど身を持って実感するものです。

・休日返上で頑張り続けても昇給はなく、それどころか残業代すらロクに出ない

・1日の拘束時間が長すぎて家族と過ごす時間がない

・ブラックな職場が多すぎて辞めることすら出来ない

上記のことが苦痛に感じるのであれば、早めに他業種・他職種へ転職してしまうほうが人生の充実度は上がります。


「飲食店の仕事が大好き!」


と心から感じてるのであればこの先も耐えれる可能性はありますが、好きでもなく、将来的な目標も何もないまま飲食業で働き続けるのは時間的損失が大きすぎます。


薄利多売で稼働時間が他職種より断然長いため、この先同じ飲食でも拘束時間と労働時間の長さから逃れることは難しいでしょう。


20代~30代前半であれば、他業種へ転職することも十分可能です。

「本気で辞めたい」


「これからずっと飲食で働くのは嫌だ」

そう思うのであれば行動は早いほうが良いでしょう。

30代で飲食から未経験の他業種に転職【ラストチャンスを逃すな】

2020.05.24

飲食店を辞めて他業種へ転職しませんか?【新卒・第二新卒・20代向け】

2020.05.19